症状の特徴

中高年に多い

骨折をしてしまうと、元の健康的な生活に戻るために長い時間を必要としてしまい、とても大変です。骨折にはいくつか種類があるのですが、外からの圧力によって生じる圧迫骨折は、骨折の中でも頻度が多い症状として有名です。圧迫骨折は中高年に生じることが多い怪我なのですが、閉経後の女性など中高年の人が生じることが多いのが特徴です。基本的に骨粗しょう症に伴うことが多いとされています。ただし、転落事故など外部からの圧力が大きくなってしまいますと若い年代の人でも生じる可能性が高くなるので注意しましょう。

知識を学ぶ

圧迫骨折は中高年に多い病気として有名なのですが、圧迫骨折が生じてしまうとどうなってしまうのか把握することが出来ていない人がたくさんいます。圧迫骨折が起きるとどのような症状になってしまうのか、学びましょう。
基本的に圧迫骨折が起きてしまいますと、骨折した部分の腫脹と疼痛が生じます。骨折後は初期段階のうちから激痛を感じてしまうことが多く、救急車で病院に搬送されることが一般的です。
圧迫骨折が生じてしまった後は、筋力や知覚が低下し、その結果便や尿の失禁をしてしまう可能性があります。痛みを我慢してしまうことはよくありませんので、圧迫骨折をしてしまった時はすぐに救急車を呼んで病院に搬送してもらいましょう。我慢してしまうと症状が悪化し、治療時間が長くなってしまいますので注意しなければいけません。病気に対する正しい知識を持って治療を進めましょう。